35歳で彼氏欲しい

いきなりですが、
「彼氏が欲しいー、誰か紹介して!」
と気軽に友人知人に言うことができますか?

30代序盤位までならカンタンに言えたし、言ってればそのうち男性を紹介してもらえる確率もまあまああった。

しかし35歳を過ぎたあたりから、彼女がいない独身男性はいなくなり、友達が紹介してくれるのは「○○くんって人がいるんだけど、バツ3で子供もいるんだよね。でもいい人だよ?」って、ビッグダディのような訳あり男子が増えてくるのです。


全国仲人連合会の調査によると「女性の未婚率の推移」を分析したものによると、2005年に35〜39歳で未婚だった人の内、5年後に結婚した人は10.8%。これが40〜44歳になると、5年後の成婚率は4.1%に…。
「結婚や恋人を作るには、まず出会いのチャンスを広げることが第一歩です」と、全国仲人連合会のサイトも赤文字でアピールしています。であれば、どこに出会いは転がっているのか?

そこで35歳以上で彼女ができた人にアンケートを取ってみた。

35歳過ぎてで「合コン」での出会いは期待薄



恋人と出会った足掛かりについてきくと、最も多い回答が「会社の同僚・仕事関係」で27%。
ほか、「友だちの紹介」「逆ナン」「同窓会」など様々な回答がありました。
20代の頃と明らかな違いは「合コン(街コン)」と回答した人がゼロだったという事です。

友人と街コンに参入したことのある40代の女性は、「来ている人は30歳前後の人が多い。男の人にとって、私たちのような40以上の女性は眼中にないようです。私たちと会話をすることで、相手の男性側のチャンスをつぶしているようでいたたまれなくなり、途中で帰りました」

この気遣いこそが35歳以上女性の魅力(年の功)なんですが、参加男性には少しも伝わらなかったのでしょう。
さらに、アンケートのコメントを見ても、35歳からは出会いの場を広げるよりも、昔の出会いから掘り出すほうが現実的なようです。

「資格取得のための受験旅行で知り合った彼。その後、同じ英語教室に通うようになったのをきっかけに、付き合いました」

「飲み会を設定したが他の参加者たちがこれなくなってしまい、二人で飲むことに。意外といい感じの雰囲気で、その後、二人きりで会うことが増えた」

「同期が10年ぶりに出向で同じ部署に。彼に合わせて残業したりメールでランチに誘ったりしてアピール。同年代だったから、自分の年を気にせずにアピールできたのかも」

「同窓会で10年ぶりに再会。車で自宅まで送ってもらったところが始まり。お礼に食事に誘ったらまた彼から連絡があり……と、ぐんぐん接近していった」

他にも、Facebookの「知り合いかも?」を推しまくるというのもおもしろいですね。LINEで友だち追加された昔の友達に、間違いメールを送ったり。今はほとんどしないワザもフル活用させたい。

彼氏を作るために何をするべき?



「そんなの初めて聞いた、すごーい!」と男の人の話に感動したりうるうるした目でじっと見つめたり、いわゆるモテ技が効果的なのは20代まで。30歳を過ぎると、「すごーい」「知らなーい」「酔っちゃったー」といったところでただのぶりっことおもわれるだけです。

アンケートには「彼氏を作るためにやるべきこと・やったことは?」という質問もあり、良いと思う回答は、「話しかけられやすい雰囲気作りという事が挙げられます。

「ガツガツしない。駆け引きしない。 話しやすい人、楽しい人と思われるように接するようにしています」

「気遣い、心配りなど性格のいい人をアピール。下がってしまった自分の市場価値や立ち位置を受け入れた上で、最善を尽くす」

「いつも彼氏のいる40代の友だちはとにかく穏やか。怒ったり愚痴ったりしたところをまずしない。当然外見や身だしなみも大事。むさくるしい女性は、それだけで暗イメージになる」

宝塚のブスの25箇条という話を知っていますか?
1. 笑顔がない
2. お礼を言わない
3. おいしいと言わない
4. 精気がない
5. 自信がない
6. グチをこぼす
7. 希望や信念がない
8. いつも周囲が悪いと思っている
9. 自分がブスであることを知らない
10. 声が小さくいじけている
11. 何でもないことにキズつく
12. 他人にシットする
13. 目が輝いていない
14. いつも口がへの字の形をしている
15. 責任転嫁がうまい
16. 他人をうらむ
17. 悲観的に物事を考える
18. 問題意識を持っていない
19. 他人につくさない
20. 他人を信じない
21. 人生においても仕事においても意欲がない
22. 謙虚さがなくゴウマンである
23. 人のアドバイスや忠告を受け入れない
24. 自分が最も正しいと信じている
25. 存在自体が周囲を暗くする

これの逆を行けば美人になれると言うことです。
彼氏や結婚も楽勝でしょう。


さらに35歳のガードの固さに対して、
「タイプでないからと、相手を知る前にシャッターを下ろさないで」
「見た目や外見にこだわっているといつまでも見つかりません」
「年上ぶらない。おごらない」
「この人いいかも……というトキメキを無駄にしない」
「プライドを捨て、どれだけかわいらしく振る舞えるかが、勝負の分かれ道」
と、痛いところを突いたアドバイスもありました。

年齢を重ねただけで中身は変わっていないつもりなのに、年を取っただけで対象外になってしまう35歳。
成婚率1割をクリアするには根性やプライドを捨てるのも必要でしょう。